【創業支援コラム】20170530~あの季節がやってきた~ | 高槻・茨木創業サポートオフィス

【創業支援コラム】20170530~あの季節がやってきた~

From:廣岡慎一
茨木オフィスより

「お父さん、きた、きた!」

「じっとしときや。ちょっとまってからの方がいいで」

毎年、4月中盤から後半にかけて、私の家庭ではザリガニ釣りのシーズンに突入します。

シーズンが始まると、6月くらいまで、毎週のごとく、ザリガニ釣りに行きます。

ザリガニ売りでは、最初に、場所決めから始まります。

経験則で考えると、10分くらいタコ糸を垂らしてザリガニが来なければ、その場所は釣れない場所です。

そして、場所を変えてまた10分待ってみます。

そんな試行錯誤の末に、ザリガニの姿が見えたときに、柊真は大喜びします。
そして、実際に釣り上げるまで、ゆっくりとゆっくりと、ザリガニがエサに夢中になっているタイミングで気づかれないように糸を上げていきます。

糸を上げて、金魚をすくう網を下からすくい上げれば、ザリガニGETです。

そんなザリガニ釣りですが、ビジネスと似ている点があるなと気づきました。

販促の基本的な考え方ですが、自社商品を、こんなお客さんに売りたい、だから、当該お客様が集まる場所に販促を実施します。

実際にお客様がいれば、お客様の反応がありますし、お客様がいなければまったくお客様の反応がないです。

お客様の反応がない場合は、違うやり方をテストしてみる。

そして、反応があれば、そこで、投資額を大きくしてお客様の数を増やす。

自らで仮設を立て、行動してみる。

そして、結果を確認して、行動を修正し、再度行動する。

これをやり続ければ、少しづつお客様の反応が出てきます。

つまり、「テスト」することが大事です。

あなたはビジネスのタコ糸を垂らして、テストしていますか?

高槻の税理士による創業支援コラムの最新記事

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!