【創業支援コラム】20170915 ~企業の生存率~ | 高槻・茨木創業サポートオフィス

【創業支援コラム】20170915 ~企業の生存率~

From廣岡慎一

上新庄の自宅より

「会社は起業してから、5、10年後にどれくらいの割合で生き残っていけるんだろう?」

ネットで、廃業率は5年後80%、10年後96%(国税庁2005年度調査)というデータをよくおみかけするのですが、本当(疑わしい・・・)?

自分の周りの方や、当社のお客様の実態から考えても、5年後80%廃業は信じがたい・・。

ということで、生存率(廃業率)を調べてみました。

そうすると、、、

2005年度国税庁調べというデータはどこにもなかったです。。。

その代わりに、2つのデータを見つけました。

1つは2017年版中小企業白書の付属統計資料9表1の廃業率は6.6%。

よって、毎年6.6%が廃業すると仮定すると、こんなグラフ(以下のグラフは生存率推移)ができました。



5年後の生存率70%、10年後50%です。

もう一方、2011年中小企業白書はもう少し楽観的なデータです。



5年後の生存率82%、10年後70%です。

上記2つのデータから5年後の生存率は70~80%くらい、10年後の生存率は50~70%くらい。

あなたはこの数値をどう感じましたか?

私は現実的な数値だと思いました。

あなたも踏まえて、起業する人は、自分に自信があり、仕事ができる方が多いです。そして、行動力もある。

そんな人々が競争しているので、当然、上手くいかず、競争に負けて、廃業する人も出てきます。

「上手くいかない要因って何があるんだろう?」

そんな疑問が起こると思います。

なので、これから何回か「創業時に上手くいかない要因シリーズ?」についてメルマガ配信していきますので、楽しみにしてください。

PS.夏休みシリーズに続く、第2弾の企画ものです。

高槻の税理士による創業支援コラムの最新記事

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!