【創業支援コラム】20170929 ~事業が立ち上がりやすい人、立ち上がりにくい人~ | 高槻・茨木創業サポートオフィス

【創業支援コラム】20170929 ~事業が立ち上がりやすい人、立ち上がりにくい人~

 

From廣岡慎一

高槻の事務所より

 

 

Mさん:「廣岡さん、先週のメルマガ見ましたよ。昔から、楽しそうに仕事していたから、深刻に悩んでないと思っていたので、10円ハゲができたときはビックリしました!」

 

廣岡:「いや~、今一度、起業したら、事業が成り立っているかは、本当に分からないです。運が良かったと思います」

 

当社内で、メンバーMさんと私の雑談の一部です。

 

私自身、「もう一度起業した場合に、同じように事業を立ち上げられるか分からない」と本気で思っています。

 

でも、何をしなければならないか(課題)を理解しているので、行動はできると思います。

 

当社は昨年2016年度の新規相談件数142件。

 

色々な方の相談や自分の起業の経験から、どんな方が成功しやすいのか、またはどんな方がどんな課題を持っているのかを分類できるようになりました。

 

下記図は、①起業後の商品・サービスが起業前(=サラリーマン時代)と同じか違うか②起業後のお客様が起業前と同じか違うかで4つに分類しました。

 

 

 

■Aゾーン(商品・サービス→同じ、お客様→同じ)

Aゾーンの方は、前職と同じ商品・サービスで、前職のお客様を引き連れて独立する方(前職の関係者から仕事を頂けることが確定している方)。

 

介護福祉関係や建設業の方が多いです。

 

起業時に、商品・サービスがある状態で、お客様がいるのであれば、事業が立ち上がる確率は相当高いです(うらやましい・・・)。

独立前に、この状態(商品・サービスがあり、お客様がいる状態)を作ってから独立するのが理想的です。

 

でも、世の中、万全で独立することなんて出来ないことがほとんどです。

 

だから、次のBゾーンの方が多いです。

 

■Bゾーン(商品・サービス→同じ、お客様→違う)

 

多くの方は、独立前はサラリーマンとして、商品・サービスができる状態になっていて、そして独立します。

 

ただし、サラリーマン時代のお客様を連れていける人はほとんどいないと思います。

 

飲食店、アパレル、そして、、、私も・・・

 

つまり、Bゾーンはお客様が違うため、「新規でお客様を集まてくるところから始めないといけない」ため、前回お話した①早く集客して、売上をあげるという課題②キャッシュフローがトントンになるまでの必要なお金を準備する課題があります。

 

 

■Cゾーン(商品・サービス→違う、お客様→同じ)

 

商品・サービスが違う場合で、お客様が同じというパターンですが、、、

 

いないです。。。(私が出会っていないだけかも知れません)

 

■Dゾーン(商品・サービス→違う、お客様→違う)

 

商品・サービスが違う場合で、お客様も違うというパターンですが、、、

 

このパターンの方は一定数います。

 

昔からやりたかったことを実現しようと、これまでやってきた商品・サービスと異なる商品・サービスを始める方です。

 

商品・サービスが違うため、このゾーンは商品・サービスを作りながら、集客・売上も頑張る必要があるため、事業が成り立つハードルは相当高いです。

 

最低でも、Dゾーンの方は商品・サービスを一定レベルにできるようなってから起業する必要があります。

 

まとめると、理想的にはAゾーンで事業を立ち上げれれば事業が成り立つ確率が高くなるが、恵まれた環境にいる人は少ないので、結果Bゾーンでの起業が多くなるということ。

そして、Bゾーンには、課題(①集客・売上②資金調達)が2つあり、解決していかなければなりません。

 

「資金調達」の課題はわかるが、なんで、「集客・売上」だけが課題なのか?

 

という疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

商品・サービスレベルを上げる、組織づくりなども重要ではないかという疑念がわくかも知れません。

 

次回はそのあたりのお話をさせていただきます。

 

PS.メルマガを始めて半年以上経ちましたが、最近、「メルマガ楽しみにしています!」とお声がけいただくことが多くなってきました。

 

すごくうれしいです!

 

これからも、あなたのお役に立てる情報発信を続けていきます!

高槻の税理士による創業支援コラムの最新記事

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!