【創業支援コラム】20171228 男の勲章 | 高槻・茨木創業サポートオフィス

【創業支援コラム】20171228 男の勲章

From廣岡慎一

上新庄の自宅より

 

「我が家の長男:柊真が男の勲章を手に入れました」

 

先週12月21日木曜日のことです。

朝9:00に出社し、メールをチェックしていると、妻:里織(さおり)から私の携帯にメールが来ました。

 

「何かな?」

 

とメールを確認すると、

 

 

「柊真が、かかとを骨折した」

 

とのこと。

 

 

近所の公園で、学童保育の時間に、年上の小学生と

 

「高いところから飛ぶ」

 

遊びをやっていたらしいです。

 

柊真に聞くと、こわかったけど、年上の小学生が「飛ぼう」というので、思い切ってやってみたとのこと。

 

柊真の性格は、(妻の性格が起因していると思いますが)超慎重派。

 

だから、骨折の一報を聞いた時、「良くチャレンジした」と思い、

 

ギプスをしている柊真を見て、「男の勲章を手に入れたやん」

 

と賛辞を送りました。

 

 

 

  171225 柊真ギプス

 

 

私の好きな作家に大前研一という方がいます。

 

大前研一は「人が変わる方法は3つ」しかないと言っています。

 

①時間配分を変える

②住む場所を変える

③付き合う人を変える

 

そして、最も無意味なことは「決意を新たにすること」

 

 

今回、超慎重派の柊真が「人が変わったように」チャレンジしたのはなぜだろうと思ったときに、大前研一の言葉がふと浮かんできました。

 

小学生になり、

 

「②住む場所を変える」・・・学童保育という場所に所属することになった

 

「③つきあう人を変える」・・・学童保育にいくことで、異年齢の子どもと付き合うように

なった

 

「①時間配分を変える」・・・上記②、③の結果、異年齢の子どもたちと遊ぶ時間が増えた

 

この3つの変化があっての「チャレンジ」という結果だと思います。

 

 

 

私自身の過去の出来事で検証してみると、

 

仕事では、昔から「人のお役に立てるようになりたい」という思いがあり、

 

十数年前、サラリーマンとして会計事務所に勤務しているとき、

 

「会計だけでは、会社のお役に立てる範囲が限られている。。。」

 

「もっと、みんなのビジネスを良くできる力をつけたい」

 

と思い、しんどい会社を良くすることが専門のコンサル会社に転職しました。

 

転職したことにより、

 

①時間配分を変える

 

・毎日(土日も)、朝から晩まで、経営の課題解決のことばかりを考えるようになった

→ 少しずつ、ビジネスを良くする力がついていった

 

③付き合う人を変える

 

・転職して、「自己成長」と、それを実現するための「エネルギー」を多く持った、超個性的な人と付き合うようになり、いろんな価値観や考え方に接することができ、私は人間面で大きく変化したと思います。

 

よって、検証の結果、確かに「人間が変わる」ためには

 

①時間配分を変える

②住む場所を変える

 →これは検証していない・・・

③付き合う人を変える

 

ことが有効だと思います。

 

つまり、人間が変わるためには、内的要因(決意など)ではなく、外的要因(環境)を作ることが大事ということ。

 

もうすぐ、年末年始です。

 

来年、あなたはどのようになりたい?

 

それを決めた後、上記3つの要素も併せて考えてみれば、より実現可能性が高まると思います。

 

本年も大変お世話になりました!来年もメルマガを楽しみしていてください。

高槻の税理士による創業支援コラムの最新記事

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!