【創業支援コラム】20180309 シーザーサラダの気づき | 高槻・茨木創業サポートオフィス

【創業支援コラム】20180309 シーザーサラダの気づき

 

 

From廣岡慎一

上新庄の自宅より

 

先週3月4日日曜日のこと。

 

妻から「散髪に行きたいから早く帰ってきて。ついでに夜ご飯も作っておいて」とのメールがきました。

 

仕方なく、夕方1600頃に事務所を出て、「夜ご飯何にしようかな?」と考えながら帰宅。

 

いつも居酒屋に行ったら食べているシーザーサラダを家で作ってみようと思い、クックパッド(呼び名:クックパッド先生)を開いてみました。

(決して、シーザーサラダが好きという訳ではないです)。

 

 

そして、クックパッド先生の中に、「人気店のシーザーサラダ」?みたいなタイトルがあり、クリックしました。

 

クリックすると、材料が書いてありました。

 

 

 

チーズ・・・大さじ6杯

マヨネーズ・・・大さじ10杯

牛乳・・・大さじ4杯

レモン・・・小さじ2杯

ニンニク・・・少々

ブラックペッパー・・・適量

 

 

 

マジっすか!

 

 

 

今までシーザーサラダのドレッシングが何からできているのかを考えたことがなかったです。

 

「チーズ」と「マヨネーズ」でドレッシングが出来ている。。。

 

 

つまり、これまで食べていた「モノ」は、「チーズ」を大量にまぶし、その上に「マヨネーズ」を大量にかけた「大量チーズ&マヨネーズのぶっかけサラダ」でした。

 

今まで、居酒屋でシーザーサラダを頼んでいたのは、サラダダイエット(低カロリーなサラダを一番最初に食べて満腹感を得て、その後は自由気ままに食事するというもの)のためでしたが、サラダもなんでも良いという訳ではないことに気づきました。

 

 

 

「やってみて初めて分かること」がたくさんあります。

 

例えば、

 

私は創業時、お客さんゼロ人でスタート。

 

サラリーマン時代にいろんな銀行に営業していたので、まず同じようにやってみました。

 

事務所のある高槻茨木エリア以外に、大阪市内、和歌山にも行ってみました。

 

でも、高槻以外の金融機関は反応がチョウ薄かったです。。。

 

なぜかというと、金融機関がお客様に税理士を紹介する場合、地元の税理士を優先するためです(理由としては、①地元の税理士先生との付き合いがある②お客様も地元の税理士を求めているから)。

 

また、異業種交流会に行けば、仕事が取れるという情報があったので、何回か行ってみました。

 

でも、そこに集まる人々は「仕事を欲している人」であり、異業種交流会も、仕事を安定的にとる場所としては難しいと気づきました。

 

 

プライベートな面で言えば、昨年度から、朝に洗濯、土日に家事をするようになりました。

 

理由は、「無私の精神で家庭の役割を担うことで、幸せ(やりがい・充実感)を感じられる」ということが何かの本に書いてあったのでやってみました。

 

結果、本当にやりがいや充実感が感じられます。

 

ちなみに、妻からは「何があったん?何かの罪滅ぼし?」といぶかしげに見られていますが。。。

 

「やってみて初めてわかること」がたくさんあります。

 

=やってみないとわからいことがたくさんあります。

 

まずは、やってみましょう!

 

 

 

 

PS.クックパッド先生のおっしゃる通りに作ったシーザーサラダはすごくおいしかったです。。。

でも、これから居酒屋では、「シーザーサラダ」から「漬物盛り合わせ」に変えようと決意しました。

 

 

高槻の税理士による創業支援コラムの最新記事

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!