【創業支援コラム】20220820 山へ〇〇に行きました | 高槻・茨木創業サポートオフィス

【創業支援コラム】20220820 山へ〇〇に行きました

この78年間、我が家の夏イベントの一つは、カブトムシやクワガタ (以下、甲虫)の採集です。

車で1時間ぐらいの公園を数年間かけて探索し、甲虫が集まる木(樹液が出やすいクヌギなど)を把握しました。

主役であった長男は小学6年になり、Youtubeやゲーム三昧で甲虫への興味はゼロ%。

→もしかして、少年の心が残っているのは自分だけ?

一方、小学2年の長女から「甲虫を捕まえにいきたい」とのご要望がありました。

これまで長年培った経験や知識をもとに 公園に探しに行けば確実な成果が保証されるけれども面白くない。

3、4年ぶりに新規開拓しようと考えました(=新規開拓のスリリングを味わいたい)

→かつて、真夜中にライトをもって林?森?の中に入り、帰りに道に迷ったときはシビれました。。。

公園は飽きたので、

「山に登って探してみよう」

と思いつきました。

→登山はしたことがないけど

そして6月のとある日の夕方のこと

1人で登山道がある山に入りました。

登山道を歩いて行くと、側道はサクラやヤマモミジばかり。

「春や秋の観光のために整備しているんだろうな」

「このままだと山頂まで同じような木が続く可能性がある」

と考え、遠くに視線を移してみると、明らかに葉の色と茂り具合がサクラ等とは違う木が見えました。

「あそこに行くためにはどうしたらいいんだろう?」

登山道の真横は谷になっていて、一直線に行くのは無理。

とりあえず、山頂まで行く道中で登山道を外れるチャンスがあるかもしれないと思い、歩き続けました。

→世間ではチャンスではなく危険と言うかも。。。

そして、しばらく歩くと人が踏みならした道っぽいものが見つかりました。

→単に草が生えていないだけ

「本当にチャンスが来た!」

と思うと同時に、私以外に誰もいないので、道に迷ったらどうしようと一抹の不安を覚えましたが、とりあえず行ってみようと思い、登山道を外れてみました。

→とりあえずビールみたいに(死語)

そして道をはずれて数十メートル進むと、立て札が立っていて

「立入禁止の立札かな?」

と思いながら立て札を覗き込むと、

「クヌギの森 〇〇小学校」

との記載が。

「目的にバッチリの場所やん!」

山の中にクヌギの「木」を探しにきたところ、山の中にクヌギの「森」がありました。

→それよりも、木と森と山(ついでに林)の定義はどうなっている?

確かにクヌギの木はたくさんあったのですが、樹液が出ている木はほとんどなく、

6月はまだ早いのか、もしくはボクトウガの幼虫が少ないのかな」

(ボクドウガの幼虫はWEBで検索してみてください)

 などと考えながら7月に入ってから再度行ってみようと思いました。

さて、現状、円安、物流の乱れ、戦争などによって物の値段が上がっています。

物を仕入れている事業者については、物の値段が上がっているので値上げを考えていると思います。

でも、値上げを考えたときに真っ先に思うことは

「値段を上げることでお客さんがいなくなったらどうしよう?」

さらにその考えが進むと、、、

「お客さんがいなくなれば事業が成り立たないので、今は値上げをせずに我慢しよう」

と考える人もいると思います。

もし、あなたのビジネスが成り立つ価格まで値上げをした結果、お客さんがいなくなってビジネスが成り立たなくなったのであれば、それは元からビジネスが成り立っていないということです(あなたのビジネスが成り立たない価格しか、受け入れてくれない人をお客さんにしているので)

あなたのビジネスを継続させるためには、物の値段が上がっているのであれば、あなたの商品の値上げは必須です。

値上げのやり易さはあなたのビジネスモデルがどのようになっているかにより異なります。

1.最終消費者が得意先であり、オーダーメイド商品を販売している場合

・例えば、建物のリフォームなどは最終消費者である家主の要望に応えるオーダーメイド商品を販売しているビジネスです。

・このビジネスモデルは、最終消費者が商品を競合と比較検討しづらいので値上げが非常にしやすいです。

・あなたの事業がこのビジネスモデルであれば、すぐに値上げに動いてみてください。

2.最終消費者が得意先であり、レディメイド商品(既製品、汎用品)を販売している場合

・レディメイド商品をリピートしてくれている最終消費者は、あなたとの関係性が深い(≒信頼が高い状態)ため、値上げをスムーズに受けいれてくれる可能性が高いです。

・一方、最終消費者のうち、あなたとの関係性が浅い(≒信頼が低い状態)一部の方については、値上げによりあなたの商品から離れると思います。

・でも、あなたとの関係性が浅い方は、値上げによらずとも、いつかはあなたの商品から離れることになるので気にしない方が良いです。

・離れた得意先分の売上は、値上後の価格を受け入れてくれる新規客獲得で賄いましょう。

3.最終消費者以外が得意先であり、レディメイド商品(既製品、汎用品)を販売している場合

・例えば、得意先が卸業者で、その卸業者が小売業者に販売して、小売業者が最終消費者にレディメイド商品を販売するようなビジネスモデルです。

・このビジネスモデルは最終消費者以外の得意先の方針により、値上げを受け入れてくれるのか否か、値上げを受け入れてくれるにしてもどれくらいの値上げ幅かが変わってきます。

・ただし、一つだけ確実なことは、最終消費者以外の得意先に値上げの打診をしない限り、その得意先の方針が分からないということです。

・もし、あなたが値上げを言わない場合で、その得意先が値上げを受け入れる方針であった場合は値上げの機会ロスが発生します。

・よって、一度値上げの方針を伝えて、その得意先の方針を確認して、そこから社長であるあなたの腕の見せ所です。簡単に値上げを諦めてはいけないです。

★上記は仕入価格が上がる前は自力で事業が回っている事業者が前提です。

仕入価格が上がる以前から業績が良くない事業者については、以下を検討してみてください。

1.この機会に値上げする

2.上記1を実施しても業績が良くない場合は、既存ビジネスモデルが成り立っていないので、根本から見直す必要があると考えます。

あなたのビジネスを以下の観点から再度検討してみてください。

・どのような悩み・欲求を解決するのか

・その悩み・欲求を解決する競合はどこに、どんな事業者が、どれだけいて、どのような強みを打ち出しているのか

・競合がいる中で、あなたがその悩み・欲求を解決するNo1の専門家として認知されるためにどのようなポジションをとればいいのか

高槻の税理士による創業支援コラムの最新記事